AlfredにURLを貼り付けるとMarkdownのリンク形式にしてくれるWorkflowを作った

こんにちは。先日、

プラグインを使わずにMarkdownでWordpressのブログを更新する(実践編) | WEB EGG

という記事を書いたのですが、Markdownでの記事作成がより捗るように
AlfredにリンクさせたいページのURLを貼り付けるだけで、
[ページタイトル](リンクURL)という形式でコピーが出来るWorkflow
Markdown Link Generatorを作りました。

自分のはてブを検索できるAlfred Workflowを作った

こんにちは。
暑いですね。溶けて消えそうです。

最近、はてなブックマークの記事を、
PocketとかEvernoteに送信せずに、ブックマークして放置
ということが増えてきて、はてブが地味に溜まって来ました。

クライアントアプリも無いし、webは使いにくい(けどいい記事は集まる)ので、 手軽に検索できる物を作ってしまおうと、 Alfredから自分のはてブの記事を検索できるWorkflowを作りました。

Alfred2のWorflowsを自作して作業を効率化する

こんにちは。
最近は、Alfredというアプリに大変お世話になっております。
アプリを起動するのにいちいちトラックパッドを使わなくて済むので、すごく捗ります。

Alfredには、色々な便利機能があるのですが、

今回はもう少し突っ込んだことについて書きたいので、
参考になった記事を貼っておきます。

Mac仕事効率化!Spotlightを完全に超えた神ランチャーアプリ「Alfred 2」の使い方とおすすめWorkflows10選。[Mac] | MacWin Ver.1.0

[太]MacのランチャーアプリAlfred ver2の新機能「workflows」が結構凄そう。 | Fujitaiju Blog

ここからが本題です。
AlfredにはWorkflowsという機能があります。

このWorkflowsが非常に強力で、

  • Evernoteのクリップしてある記事から検索をかけたり
  • リマインダーにワンライナーでタスクを追加したり
  • Amazonの商品検索のサジェスト機能を使ったり
  • カラーコードを入力すると該当する色を表示してくれたり
  • URLを入力すると、短縮URLが生成されてクリップボードにコピーできたり

と、他にも色々ありますが、 Alfredというアプリ上で、一つのまとまった作業を一気に行うことができます

で、この中から
WebでAPIが公開されているサービスに何らかの問い合わせをし、
その結果を元に、何かアクションを起こす

といったタスクを行うWorkflowsを作ってみようと思います。

ググっても、チュートリアル系の記事が1件も見つからなかったので、 ソースを読んで作り方を学んでいきます。

今回は、日付を入力すると、
速水もこみちがMOCO'sキッチンで使ったオリーブオイルの量を検索出来るAPI
MOCO'SキッチンオリーブオイルAPIを利用したWorkflowsを作ります。