MiddlemanのビルドにWebpackを組み込む方法

こんにちは。
当ブログはMiddlemanにて運用しているのですが、検索機能や遅延ロードなどで実装したJavaScriptのビルドにはAsset pipelineなどは使わずにwebpackでビルドしています。

Rails5.1が今betaで出ていますね。中でも目玉はwebpacker.gemによるモダンなフロントエンド開発がRailsに導入されることでしょう。 今までのRailsのasset pipelineとは別に、yarnによって依存性を管理しwebpackで結合する独立したjsのビルドシステムがサポートされます。 これによって、以下のような従来のasset pip

Rails5.1から導入されるwebpacker.gemは本当にRailsのフロントエンド開発に福音をもたらすのか? - Qiita

私も同意で、Railsはあくまでサーバサイドアプリケーションで、今まで対してフロントに気を使ってこなかったのだから、中途半端に内部に組み込むのやめてくれ派です。
MiddlemanはRailsのビュー層の部分だけ持ってきたようなものなので、当然同じ問題が発生します。

ということで、MiddlemanとWebpackが共存できる妥協点を探って、実際にこのブログに取り入れてみた結果を残します。